講演・セミナー

子どもと一緒に作るオープンソースコミュニティ「CoderDojo」:安川 要平


セッション概要:

CoderDojo をご存知ですか? 「子どものためのプログラミング道場」として2012年から活動を開始し、ここ数ヶ月で急激な広がりを見せている非営利のオープンソースコミュニティです。
2016年3月の時点で全国に25ヶ所の地域コミュニティがありましたが、半年後の同年9月には50以上に増え、それぞれの地域で定期的にプログラミング道場が開催されています。また、世界60ヶ国に1,000以上の道場があり、世界を巻き込んだ1つの大きな流れとなっています。

本セッションでは、CoderDojo の特徴やこれまでの歩みを振り返りながら、子どもだけでなく大人も楽しめる「場」を作るためにどういった点に気をつけていくと良いのかについて皆さんと共有していきます。また、全国各地のDojoの雰囲気を紹介していきながら、それぞれのDojoのそれぞれの形についてもご紹介していきます。

もちろん、神戸近辺の Dojo も紹介していきますよ!

CoderDojo Japan
http://coderdojo.jp/


「子どもと一緒に作るオープンソースコミュニティ「CoderDojo」:安川 要平」の続きを読む

待ち時間のUIデザイン:徳田 和規


セッション概要:

アプリケーションにおける待ち時間のUIデザインはとても大切です。

「とりあえずあのぐるぐる回るやつだしといて」
「待ち時間表示できない?」
「Flashで作ったときみたいにパーセントを表示したい」
「ここだけ使えないようにしといて」

...などクライアントやディレクターからの要望は様々です。

色々なアプリケーションの事例と実際のフロントエンドの制作事例を見ながら、どのような待ち時間が最適なのか、実装する上でどのようなことに気をつけないといけないのか考えます。


「待ち時間のUIデザイン:徳田 和規」の続きを読む

日本語Webフォントを活用してWebサイトの価値を高めよう!:関口 浩之


セッション概要:

当たり前のように使われはじめた「日本語Webフォント」。Webフォントを導入した企業サイト事例を一挙公開しつつ、導入効果などを解説します。また、Web制作会社の視点でクライアントへの提案方法も実例を交えて説明します。

「書体」や「フォント」って、日頃、あまり気にかけていないかもしれませんが、Webサイトの価値を高めるためにフォントが果たす役割はすごく重要です。900書体の中でどんな書体が人気があるのか、業種別で人気書体は異なるのか、なども紹介します。

CSSの指定で誰でも簡単にWebフォントが使えるようになった昨今、デザイナーに限らずWebに関わる全ての人にとっての必修科目「Webフォント」を一緒に楽しく学びましょう。

プロフィール


「日本語Webフォントを活用してWebサイトの価値を高めよう!:関口 浩之」の続きを読む

Flexbox対応のフレームワークBootstrap4と、Material Design Liteを使ってみよう:阿部 正幸


セッション概要:

IE10以降から使えるようになったことから人気が高まったCSS Flexible Box Layout(Flexbox)対応のフレームワークを触ってみよう。

今回は2つのフレームワークをご用意いたしました。
1つ目が皆さんおなじみのBootstrapで、バージョン4からFlexbox対応になっています。
2つ目は、Material Design Liteで、Googleが提唱しているGoogle Material Designを表現するためのフレームワークです。


「Flexbox対応のフレームワークBootstrap4と、Material Design Liteを使ってみよう:阿部 正幸」の続きを読む

  • Facebook
  • Twitter