講演・セミナー

Kobe WordPress Time:松本 悦宜(神戸デジタル・ラボ)


セッション概要:

Webサイトを運用するうえで、様々な用途で用いられている WordPress。

気になるセキュリティや、進化を続けるショッピングサイト用プラグイン「WooCommerce」、現在活動が活発になっている神戸界隈のコミュニティ情報などなど、最新情報をご紹介します。


講師:


「Kobe WordPress Time:松本 悦宜(神戸デジタル・ラボ)」の続きを読む

ディジタルファブで実現するオンラインものづくりの世界 〜スマホ連動のコスプレ電飾衣装の実現〜:小島有貴


講演概要:

近年、3Dプリンタ、レーザーカッターなどのディジタルファブリケーションツールの普及で新しいものづくりの手段も増えてきています。
しかし一人で作るには難しく、でも会社でも作れない…そんなアイディアや実現したいモノがあったりしませんか?

プロトタイプから量産の谷間となるアイディアを実現するには、ディジタルファブ技術の活用とチームメンバーそれぞれの強みとなるスキルに取り組むことで、その製作を加速させることができます。
有志のエンジニアやクリエーターが繋がる「テクノアルタ」では、南は沖縄から北は北海道まで、日本全国に散らばるクリエータ達とオンライン上でプロジェクト実現する方法を模索し続けています。
今回はスマホと連動するコスプレ電飾衣装の作品を軸に、オンラインで作り上げた一味変わったモノづくりプロジェクトやノウハウをご紹介します。



「ディジタルファブで実現するオンラインものづくりの世界 〜スマホ連動のコスプレ電飾衣装の実現〜:小島有貴」の続きを読む

次世代コミュニケーションチャネルをツクル!人工知能対話サービスの今と3歩先の未来:向井 永浩


講演概要:

「AIの未来は明るい、しかし今日(現実)の先にしか未来はない」これは私が発表等をさせていただく時、冒頭でよくお伝えしていることです。AI活用についての話題は、ITに限らず幅広い領域で多くの注目を集めるテーマとなっており、シンギュラリティーがいつ訪れるのか?などが語られています。

私たち人工知能研究開発エンジニア集団であるNextremerが注力するのは、そうした10年先ではなく「今」のAIが出来る事と、「3歩先の未来」です。本講演では、1年後のビジネスをAIで変革するために「今」できる事と3歩先の未来について、対話サービスの個別事例を交え、生の声をお話ししたいと思います。

こんな方に聞いてほしい

  • AIを活用した顧客向けの新サービスを模索している
  • AI対話サービスの「今」と「3歩先」に興味がある
  • AI対話サービスの出来ること、出来ない事が知りたい
  • そもそもAIってなに

講演内容

  • AIの状況
  • そもそもAIとは?
  • 対話における「今」と「3歩先の未来」の話
  • 対話サービスの個別事例

「次世代コミュニケーションチャネルをツクル!人工知能対話サービスの今と3歩先の未来:向井 永浩」の続きを読む

EmerTech Lab 〜ITによる多分野連携が加速する最新技術〜:玄正 慎・戸出 智祐・片山 貴文・小澤 貴裕・小野田 峻


講演概要:

私たちは救急医療や緊急に関わる技術を持つ企業を集め、実際の現場で使われる各種プロダクトを連携活用することで、今までにない課題解決の手法を編み出します。

ITは技術は触媒のように技術の壁を乗り越えます。従前のアナログ解決手法(匠の技術や叡智)とデジタル解決手法(ICT技術)の効果的な融合が必要です。これが開発速度・コス ト・人的負担を減じ、かつ高い効果を発揮すると考えます。

このためには職種横断の開発姿 勢の必要性を痛感します。昨年のProjectHecatoncheirに引き続き、本年も資料展示と登壇を行うこ とになりました。

すでに現場で使用されている本物のデバイス、そして投入直前の最新鋭プロダクト。 見て、聞いて、感じてみてください。近未来はすでに人を救い始めています。


「EmerTech Lab 〜ITによる多分野連携が加速する最新技術〜:玄正 慎・戸出 智祐・片山 貴文・小澤 貴裕・小野田 峻」の続きを読む

兵庫県内で実際に起きているサイバー犯罪は!? ~兵庫県警と対策アドバイザーが伝える被害とその対策~


セッション概要:


インターネットバンキングの不正送金、ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)、標的型メール攻撃など、サイバー犯罪は年々深刻な問題となっています。

特にインターネットバンキングの不正送金は、平成27年中、兵庫県で約3億円の被害が発生するなど、皆さんの身近な脅威となっています。

しかし、サイバー犯罪が高度化する一方で、基本的なセキュリティ対策をしていなかったことが原因で犯罪に巻き込まれる事例も多く見受けられ、サイバー犯罪やサイバーセキュリティに対する意識は、まだまだ浸透していないのが現状です。

そこで、兵庫県警サイバー犯罪対策課と兵庫県警察サイバーセキュリティ対策アドバイザー三木剛氏(株式会社神戸デジタル・ラボ取締役)は、平成26年からサイバー犯罪の現状とその対策を伝えるためのセミナーを県下全域で開催するなど、兵庫県内におけるサイバーセキュリティの普及啓発に官民連携して取り組んでいます。

今回のセッションでは、県内で実際に起きているサイバー犯罪の現状や事例について兵庫県警サイバー犯罪対策課から説明し、兵庫県警サイバーセキュリティ対策アドバイザー三木剛氏がその対策などについて解説しますので、是非、ご参加ください。

講師:


「兵庫県内で実際に起きているサイバー犯罪は!? ~兵庫県警と対策アドバイザーが伝える被害とその対策~」の続きを読む

  • Facebook
  • Twitter