講演・セミナー

KPIからの逃走 〜創造的組織とは何か〜:若新 雄純・中村 正敏・石崎 浩太郎・太田 敦士・折田 賢児

1日目(25日:金) 17:10〜/場所:1F ステージA


概要:

組織や地域が起こす「イノベーション」とは、事前には予測できない「新しい何か」をうみだすこと。

あらかじめ目標達成の基準や評価指標を定めて活動すれば、それは創造ではなくただの製造になってしまう。
それでもなぜ僕たちは「KPI」に縛られてしまうのか?
そして、どうすればそれから逃れ、真の創造的な活動ができるのか?

具体的な事例を分かりやすく紹介した上で、トークセッションを通じて創造的な組織のあり方を深掘りをしていきます。


当セッションは、若新 雄純をファシリテーターに、パネラーに西日本電信電話・中村 正敏、NECソリューションイノベータ・石崎 浩太郎、シャープ・太田 敦士、パナソニック・折田 賢児の面々でのパネルディスカッションです。


プロフィール


若新 雄純(わかしん・ゆうじゅん)


株式会社NewYouth代表取締役
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任講師
福井大学産学官連携本部 客員准教授

福井県若狭町出身。慶應義塾大学大学院修了。
専門はコミュニケーション論とオープンイノベーション政策。人と組織、地域社会などにおける新しいコミュニケーションの可能性を模索する研究者・プロデューサーとして、実験的なプロジェクトを多数企画・実施中。

2013年に全国の若年無業者(ニート)を100人以上集めた株式会社を発足し、若者の新しい居場所や活動のあり方について実証研究を行う。

2014年には福井県鯖江市に提案した女子高生がまちづくりを担う公共事業「鯖江市役所JK課」プロジェクトにおいてプロデューサーを努め、2015年度の総務省・ふるさとづくり大賞で総務大臣賞を受賞。

上記の研究や活動などに関するビジネス誌等での執筆や、テレビのコメンテーターとしての出演、日本全国の企業、学校、自治体などにおける講演、研修、セミナーなどの実績多数。


中村 正敏(なかむら・まさとし)


西日本電信電話株式会社 ビジネスデザイン部 アライアンスプロデューサー
一般社団法人「コトの共創ラボ」代表理事

アライアンス、新事業・新サービスの開発インキュベーションが専門。

NTT入社後、1999年大手量販店・ISP・商社等の開拓し、全国代理店網を構築。NTTグループ最大のフレッツ光販売チャネルへ成長。
その後任天堂等数多くの企業アライアンスを経て、 2009年NTT西日本では「ひかりTV」「フレッツ・TV」などの映像サービス、2012年スマートTV事業の立上げに携わる。

2014年現職において、大手企業とスタートアップとのオープンイノベーションプラットフォーム一般社団法人「コトの共創ラボ」の設立に加わり、ハッカソン・アクセラレータープログラム等をプロデュースし、スタートアップ企業の発掘・事業化を推進。


石崎 浩太郎(いしざき・こうたろう)


NECソリューションイノベータ株式会社 イノベーション戦略本部 地方創生事業推進室

受託開発の現場で企業向けからコンシューマ向けサービス開発に従事。

ここ数年はスクラム開発をベースにしたサービス開発を主導。

2015年度、Code for Japanコーポレートフェローシップ制度により福井県鯖江市にて子育て支援に取組む。共創エンジニアとして日々研鑽中。


太田 敦士(おおた・あつし)


シャープ株式会社 ビジネスソリューション事業本部 ソリューション開発センター第二開発部 クラウドサービスチーム チームリーダー

シャープ株式会社にソフトウェアエンジニアとして入社。
2010年よりクラウドサービスの開発に従事。翌年ファミリーマート、ローソン、サークルK、サンクスなど、全国約30,000店舗のコンビニのマルチコピー機を使った「ネットワークプリントサービス」を立ち上げ。

現在もサービス全般の企画や運用を行いつつ、シャープとして初となる本格的なスクラム開発を導入するなど、アジャイルなサービス開発をリードしている。さらに、上記「ネットワークプリントサービス」をPaaS(Print as a Service)として普及させるため、社内外のオープンイノベーション活動にも精力的に関わっている。

飲み会後に立ち寄る天下一品をこよなく愛する一面も。


折田 賢児(おりた・けんじ)


パナソニック株式会社 全社CTO室 共通技術サポート部工学博士。

京都大学工学部卒、同大学院工学研究科(修士)を修了した後、半導体研究開発者として松下電器産業(現 パナソニック)株式会社にて勤務。
2012年、名古屋大学より工学博士号を授与。
2013年〜2015年、パナソニックからスタンフォード大学へ客員研究員として渡米。
2016年より、パナソニックのオープンイノベーション施設「Wonder LAB Osaka」の運営に携わる。


  • Facebook
  • Twitter