講演・セミナー

HTML5fun 現場で使えるライブラリとJSの基礎:阿部正幸・関口浩之・江頭竜二

G1: 1日目(6日:金) 14:00〜16:00/場所:2F 会議室G


大盛況だった前回の様子

昨年大好評だったHTML5funが神戸ITフェスティバルに今年も登場!

今回のテーマ
HTML5fun今回のテーマは『現場で使えるライブラリとJSの基礎』です。
JavaScriptって何?という方も、初めにJSの基礎を学んだ後に、現場で使えるライブラリを紹介しますので安心してご参加ください。

14:00 〜ご挨拶
14:05 〜 14:35セッション1:JavaScriptの基礎を知り苦手意識をなくそう
14:40 〜 15:10セッション2:制作現場に根付いてきた日本語Webフォントとは
15:10 〜 15:20休憩
15:20 〜 15:25HTMLT5funについて
15:25 〜 15:55セッション3:オープンソースCMSにみる、現場で使えるJavaScriptライブラリ
15:55 〜 16:00質疑応答

セッション1:JavaScriptの基礎を知り苦手意識をなくそう:阿部正幸(KDDIウェブコミュニケーションズ)

昨今インタラクティブな表現を行うのにJavaScriptをコピペで使うことが増えてきましたが、JavaScripに対して苦手意識が強い方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は30分と短い時間の中で、下記について学びjavaScriptの苦手意識を無くしていただきたいと思います。

  • 関数とはなにか?
  • オブジェクトのメッソドとは?プロパティとは?
  • DOMとはなにか?

セッション2:制作現場に根付いてきた日本語Webフォントとは:関口浩之(ソフトバンク・テクノロジー)

1万文字以上で構成される日本語の特性上、Webフォントは遅い・重いと言われていましたが、昨今、それら課題が改善され、企業サイトの導入が加速しています。

サイトの印象を美しく変えるWebフォントですが、制作効率改善、マルチデバイス対応やSEO対策の効果などの副次的な効果もあります。実際の事例を紹介しながらWebフォントについて解説します。

セッション3:オープンソースCMSにみる、現場で使えるJavaScriptライブラリ:江頭竜二(キャッチアップ)

日本で開発されているオープンソースCMS「baserCMS」を題材に、Web制作の現場で使える Javascript ライブラリについて、利用事例を交えて解説します。


プロフィール


KDDIウェブコミュニケーションズ 阿部 正幸


システム開発会社で、大規模なシステム開発を経験後、Web制作会社でプログラマー兼、ディレクターとして従事。
その後、KDDIウェブコミュニケーションズに入社、CPIブランドのプロダクトマネージャーに就任。
ACE01、SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、Web制作に関する様々なイベントに登壇。


ソフトバンク・テクノロジー 関口 浩之


電子機器メーカーにて日本語DTPシステムやプリンタの製品企画など12年間従事した後、1995年にソフトバンクへ転職。
1996年、大手インターネット検索サービスの立ち上げプロジェクトのコンテンツプロデューサを担当。3ヶ月間という短い開発期間の中、大学生100名と3交代制でオフィスに泊り込み、ローカリゼーションと数万件の手作業サイト登録を行うという、過酷だけど素敵なプロジェクトを体験。
その後、ECサイトのシステム構築やプロデューサ、インターネット決済事業の立ち上げプロジェクトなどに従事。
現在は、日本語Webフォントサービス「フォントプラス(FONTPLUS)」の普及のため、日本全国を飛び回っている。
小さい頃から電子機器やオーディオの組み立て(真空管やトランジスタの時代から)や天体観測などが大好き。パソコンは漢字トークやMS-DOS、パソコン通信の時代から勤しむ。家電オタク。テニスフリーク。


キャッチアップ 江頭 竜二


27歳で他業種よりIT関連会社へ転職。その後、2007年に独立。
5年間のフリーランスを経験後、2012年1月、株式会社キャッチアップを立ち上げ、Webシステム(CMS系)を中心とした提案、開発に携る。
ユーザビリティ・運営を意識した開発を心がけている。
フリーランス中に参加したコミュニティ活動を通じて、2010年に自身が開発していたCMS「baserCMS」をオープンソースとして公開。
現在は、baserCMSのコミュニティであるbaserCMSユーザー会を運営し、全国的な活動を行なっており、
2014年には、baserCMSを継続的に普及促進、機能改善していく為、特定非営利活動法人ベーサー・ファウンデーションを設立。


参加申込み


  • Facebook
  • Twitter