セミナー

SOY CMS-成果につながるCMS導入手順と運用に入ってからの機能追加の方法〜今話題のいろんなCMSを少しずつ見てみよう!

3F:303・13日(金)15時15分〜 【CMSトラック】




SOY CMSは公開当初はHTMLがあれば組込みは簡単に終わることから中小規模サイトをターゲットとしていましたが、現在は比較的大規模なサイトに利用の中心が移ってきています。

私たちが直接か関わらせていただいた中では、チェーン店のサイト(多店舗を統括管理)や行政機関サイト、ネットショップなどがあります。

今回のセッションでは特徴的な導入事例をベースに、トータルに「達成したい目的」と「具体的な実装」との関係について(CMS導入の目的は何だったのか、それをどういう機能を利用して実現したのか、運用開始後の追加機能開発はどのように行っているか)ご説明できればと思っています。

実現方法については、比較的小規模なサイトでも活かせられる開発のエッセンスをお伝えできるよう、SOY CMSの内部構造についてどういう意図でそう設計したのか、今後はどのような強化を行っていくつもりなのか、といった内容も織り交ぜてお話させていただきます。

基本的には開発・構築にかかわる方を中心に発注側の立場の方にも、できるだけお役に立つ内容にできればと考えています。


古荘 貴司(ふるしょう たかし)
株式会社日本情報化農業研究所 代表取締役


京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻修士課程修了。
大学院在学中には行動心理学を研究。
大学院修了直後の2005年、日本情報化農業研究所を設立、代表取締役就任。2008年2月、オープンソース汎用CMS「SOY CMS」を公開する。大韓民国政府知識経済部主催の「Open Source Software Challenge 2009」金賞受賞(International Division)。
現在は農業事業にも注力中。


Webサイト:株式会社日本情報化農業研究所
Twitter:@furusho
SOY CMS:www.soycms.net
SOY Shop:www.soyshop.net


講演実績

CSS Nite in KOBE, Vol.3
CSS Nite in KOFU, Vol.3
CSS Nite in SAPPORO,Vol.9
など


お申込み