セミナー

ホワイトハッカーが見ている世界〜Webに関わる人も知っておくべき最先端サイバー攻撃の脅威とその実態と対策

3F:301・13日(金)14時15分〜 【Webトラック】


あなたの会社のWebサイト、または、あなたが制作したクライアント企業のWebサイトが、ある日突然別のものに差し替わっていたり、フィッシング詐欺の踏み台にされていたり、個人情報など重要なデータを抜き取られていたりしたらどうしますか?
Web制作や、運営に携わっている以上「素人なのでサーバーのことやセキュリティーのこと、全く知りません。」では済まない職種に付いているはずです。数ヶ月前には、格安のレンタルサーバーで、多くの人が使っている大量のCMS、ブログシステムが何者かにハッキングされ大きな話題になりました。そして、そういうことが何時起こってもおかしくない状況なのです。
このセッションでは、神戸デジタル・ラボのホワイトハッカー、マシス・ザッカリーが「ホワイトハッカーが見ている世界〜Webに関わる人も知っておくべき最先端サイバー攻撃の脅威とその実態と対策」と題し、我々が普段何気なく当たり前のように使っているWebの裏で、彼が普段どんな脅威と戦っているのか、何に気を付けておくべきなのかを、実演を交えて解説します。

※日本語も堪能なザックが日本語で解説します。

マシス ザッカリー
株式会社神戸デジタル・ラボ
セキュリティエキスパート GIAC資格者

アメリカ・インディアナ州出身。
学生時代、インテル、米国空軍、米国海軍から最優秀賞を授与されるなど、若き頃よりセキュリティ分野において功績を残す。
大学卒業後、SANSの情報セキュリティトレーニングを受講などの経歴を持ち、ハッカー大国アメリカ仕込みのセキュリティプロフェッショナル。
その後日本に渡り、セキュリティ分野で権威のあるカーネギーメロン大学にて研究員として従事し、2006年に神戸デジタル・ラボに入社。GIAC資格も取得し、プロの視点から見た日本のセキュリティ対策の弱さを声を大にして叫んでいる。だが、実は遊び好きで明るく楽しい人気者。2012年より「日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)に参加し、Android診断の診断手法について、自社の研究成果を伝承しながら参加メンバをリードしている。



お申込み