オープンセミナー

クラウドソーシングへの期待〜ITワーカーの新しいはたらきかた

1F:ステージA・14日(土)14時30分〜


兵庫・神戸でも、シェアオフィス、コワーキング、ノマドなどのスタイルではたらくフリーランスのITワーカーが増えています。 日本においても、徐々に、クラウドソーシングのマーケットが広がってきており、フリーランスにとっての新しい仕事の獲得方法として注目されています。 また、8月には、株式会社クラウドワークス、株式会社パソナテックなどが中心になって、クラウドソーシング協議会が発足するなど、業界をあげて活性化しようという取り組みもはじまっています。 クラウドソーシングが、今後、日本のなかでどのように発展していくのか、その将来像についていっしょに考える機会を持ちました。


吉田 浩一郎(よしだ こういちろう)
株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO


1974年兵庫県神戸市生まれ。
東京学芸大学卒業後、国内メーカー、英国外資系企業などを経て、株式会社ドリコム執行役員として東証マザーズ上場を経験した後に独立。ベトナムへ事業展開し、日本とベトナムを行き来する中でインターネットを活用した時間と場所にこだわらない働き方に着目、2011年11月株式会社クラウドワークスを創業する。
日本最大級のクラウドソーシング(ウェブのお仕事マッチング)サービスとして急成長中、サービス開始約 1 年半で登録されたお仕事の予算総額は 50億円を突破、上場企業を始めとして 16,000以上の企業が活用している。「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションとして事業展開、岐阜県や福島県南相馬市と提携を発表して地域活性化に務める他、厚生労働省での講演、日本経済新聞・ワールドビジネスサテライトなど取材多数。IT業界最大のカンファレンス「IVS 2012 Spring」Launch Pad優勝、日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」にも選出された。2012年10月伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、デジタルガレージグループなどから3億円を調達、2013年1月ヤフーとの提携、2013年4月ベネッセとの提携を発表した。


Webサイト:crowdworks.jp


著書:

世界の働き方を変えよう 〜クラウドソーシングが生み出す新しいワークスタイル〜』(総合法令出版)


講演:

厚生労働省、福岡商工会議所、西日本新聞社、新経済連盟、
青山学院大学大学院、日本公認会計士協会 など多数


粟生 万琴(あおう まこと)
株式会社パソナテック
ソーシャルソリューション事業・マーケティング担当執行役員


2003年、株式会社パソナテック入社。中部エリアにて3拠点を立ち上げ、IT専門人材サービスを展開するとともに、Web制作やスマートフォンアプリの受託開発などの新規事業を手がける。2010年、岐阜県に社内ベンチャー「Social Solution Company」を立ち上げ、「IT」をキーワードにした雇用創造、産業活性を促進する地域に密着したプロジェクトを実施。
2012年、エンジニアやクリエイターが集う地域活性拠点「Lab」を東京・渋谷と名古屋に開設し、IT技術を活用したスタートアップ支援なども手がける。
2013年、経済産業省の実施する「クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業」をはじめとしたさまざまな自治体事業に参画、岐阜県での成功事例を活かし日本を元気にすべく全国を飛び回る。一方では育児をこなす母親の顔も持ち、ライフイベントに負けない多様なワークスタイルの導入にも積極的に取り組む。自らロケーションフリーなワークスタイルを実践、ワークもライフも全力投球の日々。