神戸ITフェスティバルについて

神戸ITフェスティバルは地域とITを結ぶ、神戸で最大のITのお祭りです。

IT業界の方も、もっとITを活用したい!という方も、一緒に楽しみながら、ITという「道具」を切り口に様々な課題の解決や、地域の未来を考える機会を提供しています。
昨年度(第2回)は1600名を超える方にご来場頂きました。

第3回となる今回は、会場も趣も一新して12月13日(金)・14日(土)に開催します。


ファイルイメージ

ITfes2013outline.pdf

神戸ITフェスティバル2013概要資料PDF(8.3MB)


ファイルイメージ

kif2013outline.doc

神戸ITフェスティバル2013開催概要&協賛出展協力依頼書doc(56KB)


神戸ITフェスティバル2013開催概要


今年のテーマは「自慢したくなるスゴい IT」


今や、どんな立場の人でも少なからず恩恵にあずかっている「IT」。
しかし、「IT」が得意と言われる人はむしろ少数派で、聞くだけで苦手意識が出てしまう方のほうが多いのではないでしょうか?

ITに携わる私たちは、この心のハードルを下げることによって魅力ある情報が発信され、生活がより便利になり街が活性化するステキな未来を創ることができると信じています。

よくITは「形がない」「解らない」と言われますが、「こんなスゴいものを見た!」「こんなことが出来るらしい!」(実は、ITの力でね!)という人に伝えたくなる体験を通して、知っている人から知らない人へ、楽しさの形でITが伝わってほしいという想いをテーマに掲げました。

当日は心を動かすセミナー、視覚的にも面白い展示、体験型のイベントなど「スゴいIT」が多数登場する予定です。


今年の会場は「KIITO」です


今年の会場は「デザインクリエイティブセンター神戸 KIITO」です。
1927年に輸出生糸の品質検査を行う施設として、ゴシックを基調とした神戸市立生糸検査所(旧館)が建設されました。その歴史ある施設が2008年に、神戸市がユネスコ創造都市ネットワークのデザイン都市に認定されると、その創造の拠点「デザイン・クリエイティブセン ター神戸 KIITO」としてリニューアル、2012年8月に開館しました。

神戸からIT を発信するイベントして、歴史的な建造物と しても価値のあるクリエイティブ性の高い空間ら発信したいという我々の想にもまさにふさわしいと考えまし た。 まだ KITTO 未体験の方は、会場自体の建築もぜひお楽し みください。


KIITO


イベント名神戸ITフェスティバル2013
開催日時2013年12月13日(金)、12月14日(土)
開催場所デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO(地図
2013年テーマ自慢したくなる スゴいIT

過去の開催状況

神戸ITフェスティバル2011

神戸ITフェスティバル2011は、2011年4月15日(金)にOSC神戸の前日に開催され、700名を超える参加でした。


開催場所:神戸市産業振興センター
2011年テーマ:「神戸 × IT = ? 」
URL:http://s2011.kobe-it-fes.org/


神戸ITフェスティバル2012


神戸ITフェスティバル2012は2012年10月5日(金)、6日(土) 2日間開催されました。


開催場所:神戸市産業振興センター
2012年テーマ:「あなたの心に近づく ITコミュニケーション」
URL:http://s2012.kobe-it-fes.org/