スタッフ

余田 耕一郎(Koichiro Yoda)

株式会社クークル
TEDxSannomiya スピーカーチームリーダー
Facebook:kou1ro

参加のきっかけは?

神戸とITが大好きな人たちが力を合わせて地域活性化にむけて取り組む姿に共感し、神戸のイベント運営に携われるいい機会でもあり参加をすることになりました。


余田 耕一郎

どんなことを担当していますか?

2012年は、運営事務局として、各部門の統括や管理、関係各企業の事務手続きなどを行いました。
2013年は、アカウンティングチームとして、予算管理と資金繰り、会計手続きなど、お金の入出金管理を行いました。


やっていて印象的だったエピソード・関係者内の雰囲気は?


イベントの1週間前にもなると徹夜をしている人が続出するというのに驚きました。ただ、みなさまの追い上げのパワーと、イベント前日にすべてのパーツが揃って大きな形となる驚き、そして終わった後の達成感が何よりも満足出来る体験が出来ます。


これからどんなことに取り組んでいきたいですか?

自分の企画を1つでもいいので実現し、その企画をイベントの一角に鎮座させてあげたく、ワクワクしながら検討しています。


これから参加しようか考えている皆さんへ!


社会ではなかなか得られない竹馬の友も、実行委員から生まれるかもしれません。また、様々な業種の方が実行委員に参加しているので、交流によって新しいビジネスやアイデアも生まれるかもしれません。
ITという業界に関わらず、神戸を素敵にしたい!という方、どんなことでも結構ですので、ぜひお力をお貸し下さい!


プロフィール


株式会社クークル

株式会社クークル

1978年生まれ、伊丹市育ち。
大阪の情報系大学院を卒業して就職。横浜に転居。
約6年間、SIからWeb製作まで、幅広いIT業務に携わる。
2009年に神戸に転居し、現職に従事。

物販やイベントには欠かせない袋をオーダーメイドしています。
会社の内側だけでなく、仕事を通してやプライベートの活動で、様々な人々との出会いや交流から新しいカタチを生み出したいと、日々ワクワク暮らしています。


  • Facebook
  • Twitter