スタッフ

岡田 陽一(Okada Yoichi)


岡田 陽一


参加のきっかけは?


2012年開催の時、弊社で企画・運営している「CSS Nite in KOBE, Vol.1」と神戸ITフェスティバルが同じ開催日となってしまいました。同じ神戸でのイベントで対立してはいけないので、実行委員会の会議にご挨拶に伺ったのがきっかけです。
舟橋さんに「来年は是非、一緒にやりましょう!」と色々とお手伝いすることになりました。

どんなことを担当していますか?

2013年版から公式Webサイトの制作・更新をはじめ、広報・制作に関わるチームのディレクター的なことを担当しています。また、Web系のセミナーなどのコンテンツに関しても企画など担当しています。


やっていて印象的だったエピソード・関係者内の雰囲気は?


普段仕事では接点がない人達とひとつのゴールに向けて活動できるのはとても有意義なことだと思います。それぞれがプロフェッショナルなので、時には議論が白熱することもあり、時には楽しく語り合うこともあり、お互いの根っこの部分を尊重した上でプロジェクトが進んでいく心地よさを感じることができます。
開催1ヶ月前くらいには「本当にできるのか?中止にすべきじゃないの?」と感じる場面があったりしたが、それぞれのプロフェッショナルが担当部署で本気を出すととてつもないミラクルがおこるのを目の当たりし、素晴らしい人達と一緒に活動できたことを幸せに感じました。


これからどんなことに取り組んでいきたいですか?

どんどん20代の若い人たちが増えてくれるように、道筋を作っていきたいと思っています。また、神戸ITフェスティバルでの体験を仕事にも活かせるように、もっとそれぞれのスタッフのみなさんの仕事っぷりを吸収して色々学びたいと思います。
細かい具体的なことでは、前回まではそれぞれが適当に記録写真を撮っていたのですが、次回からはもっと組織的に動けるような体制を作れればと思います。あと、何もない状態からだんだん会場が出来ていくさまをタイムラプスで撮影しようと思っています。


これから参加しようか考えている皆さんへ!


仕事とプライベート以外の場所で、自分の得意分野を活かしさまざまな経験をつめるのはとても大事なことだと思いますし、年齢層も会社も職種もバラバラな楽しい仲間ができるので、その気になれば多くのことが吸収できます。ただ指示通り動くのではなく、自発的に色々と提案したり活動することができる場なので、自分次第で今後の人生でとても大きな意味をもつ体験ができるのではないでしょうか。年齢を問わず男女問わず是非ジョインしてください。


プロフィール


株式会社ふわっと 代表取締役
Webプランナー・コンサルタント/Director・Designer・Photographer
a-blog cms エバンジェリスト
神戸電子専門学校 グラフィックデザイン学科/IT学科webエンジニアコース 非常勤講師


1986〜1992年までシアトルに滞在。美術大学のビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。
帰国後、7年間務めた広告ビジュアル制作会社(フォートン)を退職後、13年間のフリーランスを経て、現在は神戸 元町で企業のホームページ活用コンサルティング、Webサイトや印刷物の企画・制作、それらの素材写真の撮影・イラスト制作、執筆などの業務を行っている。
Web制作に関わる方のためのセミナーイベント「CSS Nite」の神戸版 “CSS Nite in KOBE”を企画・運営。その他、神戸ITフェスティバルの実行委員、アップルユーザーグループ神戸の副代表兼事務局、など神戸でのIT・Web関連イベントの運営に関わっている。


Web制作のための撮影から管理、レタッチまで〜デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本』(KADOKAWA / アスキー・メディアワークス)好評発売中!


  • Facebook
  • Twitter